実施に伴う原則と構想

コンポスト(堆肥)化はすでに確立されたプロセスではありますが、その技術でさらなる付加価値を与えることができる有機関係の製品はまだまだ多くあります。目下必要とされていることは、時間と場所を節約しつつ廃棄物の安定化、悪臭の削減、栄養分の管理を可能とする革新的な技術に基づく処理プロセスの開発です。

l2

「コンポスト化フリー技術」は上記すべての要求項目を満たし、高品質な有機肥料を「3時間から24時間以内」で生成し、かつ高額な人件費の節約、汚水および悪臭の削減を達成しました。

l1

処理の必要な有機廃棄物の種類や性質はさまざまです。

よってこのコンポスト化フリー技術では有機廃棄物の種類や性質に応じたプロセスおよび設備の調整を行います。葉山環保生物科技公司が特許を取得しました、高速かつ安定、また無害でもあるこの「コンポスト化フリー技術」は、生物物理学の原理に基づき微生物学や生化学、有機技術や土壌技術をも取り入れたもので、最終的な目標である最高品質の土壌改良剤や有機肥料の生産を可能にしています。

「コンポスト化フリー」という新技術

この新しく開発された技術はヒトの消化器系における食物の代謝と同じ原理に基づき設計されています。

泌尿器系

female-urinary-system

し尿(回収水)

消化器系

h9991403_002

糞便(肥料)

また、従来型の手法を一蹴し、コンポスト化フリーという自然界古来の知識を活用しています。これまでの処理技術における急激な開発により、伝統的知識の中に内在している価値を私たちの社会は見逃しているのです。しかし、当社のコンポスト化フリー技術はその伝統的知識に基づき消化器系の原理に従ったものです。以下のヒトの消化器系および排泄系の図から、本技術の概要がお分かりいただけると思います。

コンポスト化フリー技術に基づく本設備の構造

葉山環保生物科技公司は人体の器官およびその機能の再現を目指して本システムを新たに開発しました。この特許取得済みの設備において機械的および生物的機能を統合します。ヒトの消化器系における各器官は本分解システムの各ユニットとして以下の図のように再現されております。

人体にコンポストフリーシステムの対応する部分

伝統的堆肥化技術

伝統的な堆肥化は、コンポスト中の有機物質を、微生物群の操作と協力を交互に行うことによって、作物の生長に必要な栄養素に分解する。伝統的な堆肥化が行われるとき、微生物群による有機物の分解は、発酵前段階主発酵段階 発酵後期(成熟期)

composting_t

  • 発酵前段階:

    この段階では、25℃~45℃の生育のための微生物の主な操作では、生命の金型でこの段階で、ガス細菌、細菌の疲れ、好気性細菌と有機の他の協力 発酵分解の結果、疲れた(あまりにも)バクテリアやガスバクテリアのために、堆肥化は臭いを生成しますが、この段階では酵母発酵熱を生産する微生物の働きにより、温度が徐々に上昇します。 50℃で主発酵期間に移した。

  • 主な発酵段階:

    この段階は、高温好気性細菌、細菌、放線菌、高温での真菌および有機物の良好な空気の段階であり、迅速な分解作用を生じる。 真菌の以下の3つの種類は少し説明:

    炭水化物、有機物分解率の好気性細菌のための主な栄養素の細菌肥沃度は、好気性細菌と菌類では、同時に温度の活動は80℃まで高くすることができます非常に高速です。

    放線菌は主に栄養素を必要とするタンパク質の分解、70℃の発酵温度から、主に放線菌になります。

    セルロースの分解菌は非常に強く、デンプン、砂糖、タンパク質、リグニンなどが分解することがあります。 真菌は、45℃、60℃以上の最も有利な生長温度、60℃以上の温度では62℃が最も増殖限界である場合には62℃以上の温度で活性を発揮します。 真菌の特性のために、(高速発酵)作業では、有機発酵分解のために真菌を使用しなければならない。 この段階で、高温の関係による細菌は、堆肥浄化滅菌の効能を達成するために破壊されるであろう。

    ※注:堆肥化中は、曝気を頻繁に行う必要があります。

  • ポスト発酵段階(成熟段階)

    この段階では、温度は徐々に常温に低下し、水分は30%以下に低下し、有機肥料は安定して成熟しています。 好気性好気性細菌に徐々に変換された高温好気性細菌からの高温好気性細菌の系統のこの段階では、放線菌、真菌で観察することができる。