• コンパスト・フリー技術の最終産物の高い炭素の含量

    伝統的、あるいは、現行処理法(堆肥、快速発酵、Biogas)は皆、微生物の発酵で<有機物を分解する>だから、熟成過程中では大量の二酸化炭素とメタンを排出し、有機物の中に大量の炭素を流失させる(約50%~60%);コンポスト・フリー技術は酵素の反応原理を運用し、処理時間がとても短い。だから、殆ど炭素の含量を流失することがない。最終産物の炭素の含量は自然に伝統、あるいは、現行の処理法より高いである。

  • コンポスト・フリー技術の最終産物の比率は変わらない

    有機廃棄物の処理法のC/Nの比率はとても重要である。だから、それは熟成するかどうかを判断する根拠である。しかし、これは決まりの定律規則ではなく、例えば、処理してない大豆粉のC/Nは20より小さい。しかし、大豆粉は熟成してない粕類である;ほかの森の泥炭のC/Nよく20より大きい、しかし、もう安定する最終産物である。それに、C/Nの比例は肥料の要素の構成ではなく、炭素の含量も作物の生長を影響する要素ではない;コンポスト・フリー技術は炭素分離技術を持っている。だから、コンポスト・フリーの産物のC/N比率は元廃棄物と同じである。

  • コンポスト・フリーの最終産物の炭素の跡はより低い

    コンポスト・フリーの最終産物の肥料の生産過程中は炭素を排出するのは伝統的な堆肥法とほかの処理法よりずっと低い(例えば、嫌気性の発酵、高速発酵など)、だから、同じ働きの単位の肥料(例えば、NPK値と同じ重量)で、コンポスト・フリーの最終産物の炭素の跡はだったほかの処理法の半分である。ほかの処理法より炭素を排出する問題があるから、コンポスト・フリーの有機の元肥料の産量はほかの処理法の二倍になる。だから、コンポスト・フリーの最終産物の肥料を採用するのは高品質な有機肥料が農業の効果を齎すだけではなく、また、温室効果の環境保護の効果も緩和することができる。

  • コンポスト・フリー技術の処理によって炭素の削減は市場の炭素の取引ができる

    京都議定書の清潔発展メカニズム(CM)によると、先進国は発展途上国に炭素を減少する計画に投資することによって、炭素クレジットが取られる。つまり、先進国はコンポスト・フリー技術の処理設備を投資し、発展途上国の元有機廃棄物の処理法を代わって(例えば:焼却、埋立、堆肥)処理過程の炭素の排出量を削減することができる。それに、第三者の機関から点検してから、削減する炭素クレジットは自身の炭素の排出量、あるいは、市場に炭素の取引を公開する。

    炭素クレジットの価格と取引方式は下の http://www.carbonplace.eu/を参考してください。