コンポスト化フリー技術の適用範囲

  1. 農業、林業、漁業、水産養殖業、畜産業による有機廃棄物:刈り取った芝や廃棄野菜、庭や公園、キノコ栽培場、林業、畜産業、水産養殖場から出る有機廃棄物。a1

  2. 日常生活、社会生活による有機廃棄物:家庭、自治体、軍駐屯地、公共施設、旅館、食堂、学校、刑務所などから出る有機廃棄物。
    b2

  3. 加工業、サービス業による有機廃棄物:食品加工業、醸造業、食肉処理施設、市場、病院、ホテル、製薬工場、製紙業、汚泥取り扱い業、皮革製造業などによる有機廃棄物。b3

1.環境保全の観点からのメリット:

  • 高速処理:「時は金なり」に基づき、処理時間を短縮(3時間から24時間)。効率性の高い処理、省エネルギー化による経済性。
  • 設備空間:設備占有面積が小さい。省スペース(廃棄物3000リットルの処理に1800平方フィート(約160平方メートル))かつ効率性の高い設備。
  • 無害な処理プロセス:汚水、不快臭、危険物の生成なし。
  • その他処理問題への対策:埋立不要、焼却不要、伝統的コンポスト化不要。
  • 有機廃棄物の再利用:完成品は肥料や動物飼料。

2.農業効率の観点からのメリット:

  • 最終製品は土壌肥沃度だけではなく土壌の物理的、化学的、生物学的性質を改善する土壌改良剤。
  • 植物栄養素による作物生産性の向上。
  • 化学肥料の使用度を削減。
  • 最終製品は栄養を増加させる動物飼料添加剤や飼料補助剤として使用可能。
  • 生産コストのトータル的な削減。

  • 完成製品の販売上の見込み:

    コンポスト化フリー技術は物理学、化学および生物学的システムを組み合わせて、経済性、スピード、効率性、ゼロ汚染を可能にした技術です。このコンポスト化フリー技術による製品を販売する際の最大の利点は、この製品は作物肥料や動物飼料として農業と畜産業の両方に使用でき、利益を向上させながら生産コストを下げることが可能であるという点です。d3

  • 環境保全型農業についての可能性:

    このコンポスト化フリー技術は高速で有機廃棄物を処理するため、ゼロ汚染が可能です。またそれぞれの条件に合わせ設備を調整することが可能で、あらゆる有機廃棄物を適切に処理することができます。このコンポスト化フリー技術はあらゆる有機廃棄物のあらゆる段階、あらゆる容量に対応可能です。d1

  • 工場および工業団地での可能性:

    工場および工業団地において発生する廃棄物はそれぞれ同じであるとは限りません。しかし、わが社のコンポスト化フリー技術とその設備は多様な廃棄物に対応しており、あらゆる廃棄物処理を一括して簡便に行うことが可能です。よって費用のかかる人件費および時間の節約になります。a1