液体タイプの処理システムは、容量の異なる2つのモデルに区別することができます。

標準モデルと商用モデルは、お客様のニーズに合わせてカスタマイズされています。

標準モデルKWFF-5000L:機能、プロセスおよび操作

  • 処理される有機廃棄物のカテゴリー:

    鶏の血液、蒸留穀物、豚糞および尿。

  • 処理能力:5000リットル/バッチ


  • 処理時間:3〜6時間/回


  • システムKWFF-5000Lの運用プロセス


U型スパイラルトランスポータを用いて、原料を破砕装置に供給する。

骨、クラムシェル、ドリアンなどの硬質有機廃棄物は、高効率の粉砕システムによって直接粉砕することができます。硬質有機廃棄物の前処理または選別は不要です。有機廃棄物を粉砕するための水をスラリーに加える必要はない。

微粉砕されたスラリーは、分解系に輸送される。

スラリーは、高効率の粉砕システムによりさらに粉砕され、スプレー用途にも使用できる微粒子(200メッシュ)をもたらす。

粉砕された有機廃棄物スラリーは、分解システムに輸送される。微生物、酵素および有機基質をスラリーに添加することにより、処理時間を大幅に短縮し、迅速処理効能を達成する。高温高圧下での滅菌処理後の有機製品は、栄養要求事項に適合しています。

灯油を燃料とする循環気密加熱システムにより、熱は迅速かつ安定的に伝達される。このシステムには、節電、短時間の空隙、速い加熱、持続的な油の寿命、二次的な汚染なし、環境基準とのコンパイルなどの多くの利点があります。

このプロセスの最終生成物は、高品質の液体土壌調整剤または生物活性液体有機肥料(「環境肥料」とも呼ばれる)であり、作物による土壌の品質および栄養素の吸収を改善するのに適している。土壌に施用すると、土壌の施肥効果が飛躍的に向上します。

  • 製品アプリケーション:

    生物活性有機肥料シリーズ(微生物液体肥料)
    効果と「完全な環境保護の3つのステップ」:
    有機廃棄物を迅速に処理して安全な液体肥料に変えることができるこの新しいバイオ技術システムが、廃棄物処理中にゼロ汚染を達成するために発明された。生産プロセスには、廃水の発生や公衆の迷惑のない堆肥化のない方法が含まれ、環境保護の第一の基準を首尾よく満たしています。最終製品は環境にも安全であり、環境保護の第二の基準を満たすために、栄養素を節約するだけでなく栄養素の浸出も減少させる土壌に施肥することができます。最後に、液体肥料による土壌肥沃度の改善は、完全な環境保護の第3段階を達成する。
    ◎有効性:根、茎、葉、花、果実、作物の育成を促進する
    ◎適切な作物:あらゆる種類の農業、園芸、作物および草をカバーする。