葉山控股有限公司は1998年に創立しました。CEOの李信宏は20年以上の医療設備経験という基盤に立ちながら、医学方法で、日々悪化する環境を更正する事が可能だと信じています。李信宏は企業利益の追求と共に、企業が環境保護と社会貢献の責任があると信じています。

logo

グロバル温暖化という生存危機から発生しつづある色々な環境保護問題に対して、社会と環境への企業責任とは、一体何でしょうか。政府に対する予算編成、或いは企業者に対する環境保護公益献金などを要求しても、本当に社会の期待に答えられるでしょうか。YSは「社会から取得し、社会に返す」という理念に基づき、株主の最大限の利益創造という経営目的以外、YSも社会責任を自分の責任と見なしております。社会企業(Social Enterprise)の一員として、社会と環境保護に自分の力を貢献して行きたいと思っております。

現在、各国の有機廃棄物の処理から派生した二次公害問題は、環境に二次の公害を及ぼすだけでなく、人間の体が負担できない汚染源も同時に発生します。その原因で、社会の全体資源がムダの悪循環に落としてしまいます。弊社の主な研究方向とは、有効に有機廃棄物の再生価値を生かし、『ゴミを金にする』事であります。

弊社は生物学、土壌、植物、環境工学、医学、畜産などの関連領域の学者、専門家を要請し、力の強い研究開発グループを編成しました。楊秋忠 博士、蔡英傑 博士の指導のもとで、積極的に有機廃棄物処理技術を研究・開発し、李CEOの医療設備業界での専門知識を生かしながら、ハードウェアー設備を開発しております。長年の経験を累積し、何度も試験を重ねて、「有機廃棄物コンポスト化フリー技術」と「有機廃棄物コンポスト化フリー設備」の実際効果を成功に検証しました。それ以来、弊社の『有機廃棄物コンポスト化フリー技術』は国際に顔を出し続けています。

「絶えずの革新で、第一確保」という理念は弊社がマーケットに進出し、好機を創造する経営理念であります。世界第一、技術リード、製品リードという自己期待のもとで、弊社は生物技術開発者の役割を演じながら、自分が生物技術環境保護の先導者であると思います。

台湾は一つ綺麗な島国であり、豊かな自然風景環境をたくさん持っています。過去の商業発展で、経済奇蹟を造り、台湾の名を世界に出しました。過去の国際援助が必要とした貧乏国から脱出して、今の進歩・繁栄の現代国になりましたが、進歩と共に、環境に汚染も及ぼしました。『有機廃棄物コンポスト化フリー技術』の誕生は環境保護に対する努力の証明であります。自分の鏡として、各開発中の国は前述台湾過去の過程と経験から色々と学べ、生かせます。

有機廃棄物の再利用という問題に対して、『有機廃棄物コンポスト化フリー技術』は単なる一つ有効な解決手段だけではなく、グロバル温暖化の変化にも貢献できる提案でもあります。YSは地球村の一員として、熱心で積極的な態度で環境保護への貢献を常に念頭においております。環境汚染の低減は我々の努力目標であります。世界中の各公民と共に、革新技術である『有機廃棄物コンポスト化フリー技術』の利益を全グロバルと共有し、無国境の環境保護ビジョンを実現して行きたいと思っております。

eco-friendly